キャリアアップを目標にしよう

このコラムをシェアする

仕事の選り好みをしない

未経験者や資格を持っていない人がキャリアアップするためには、現場に出てたくさんのことを学ぶ必要があります。
ですから、この仕事が良いと好き勝手に選んではいけません。
どんな仕事も引き受けて、経験を重ねてください。
現場監督や責任者にキャリアップするために、様々な知識や技術を磨きましょう。

それなのに好きな仕事ばかり携わっていると、自分の持つ知識や技術が偏ってしまいます。
そのような人に、現場を任せることはできません。
キャリアアップできるように、命じられた仕事には真剣に取り組んでください。
すると仕事に対して、真面目だと周囲に印象付けることができます。
そのように思われると信頼されるので、大切な仕事を任されやすいです。

キャリアアップのメリット

現場で、別にキャリアアップしなくても良いと考えている人が見られます。
しかし採用された当時とずっと同じキャリアでは、もらえる給料も低いままです。
長年工事関係の仕事をしているのに、給料が同じままでは満足できなくなるでしょう。
キャリアアップすることで、給料が増えるのでもっとやる気を持って仕事に取り組めます。
また責任感が大きな仕事が多いので、やりがいも得られるでしょう。

そのようなメリットがあるので、キャリアアップすることを目標に働いてください。
大きな目標があることで、仕事も楽しくなりますし、前向きに取り組めます。
経験や資格がない初心者でも、毎日真剣に仕事をしていればキャリアアップするチャンスがあります。